全量買取制度で家庭用太陽光発電の導入がしやすく

太陽光発電などによる電力の全量買取制度が実施されたことで、電力会社はすべての電力を一定金額で買い取ることが義務付けられるようになっています。その結果、家庭では太陽光発電システムの導入がしやすい状況が出てきました。家庭用の太陽光発電システムを購入しようとすると、100万円以上の高額が必要になることが多いです。太陽光発電の購入では、国や自治体から補助金を受け取ることが可能になっていますが、それでも初期導入費用は高いものがあります。しかし、太陽光発電システムを一旦、導入してしまえば月々の電気代が安くなるメリットが出てきます。そのため、現在では太陽光発電システムの費用を15年程度で回収できるようになっています。太陽光パネルのメーカーでは、20年の保証期間を付けている所もあるため、15年目以降はプラス収支になっていくことが期待できます。

太陽光発電で全量買取制度の導入について

ここ数年において日本においては電力不足が心配される状況が続き、人々の間では節電意識・省エネ意識が広く浸透していきました。その状況の中、自然エネルギーや再生可能エネルギーの必要性が認識されてきており、特に太陽光発電を導入している個人や企業も多くなってきております。そのような自然エネルギー、太陽光発電を広く普及させていくために導入されてた制度に余剰電力買取制度と全量買取制度があります。余剰電力は発電した電力のうち、自宅などで消費した余剰分を売電する制度で対象は主に個人発電がそれにあたります。それに対して全量買取は発電した電力全量を売電する制度で主に大規模な発電を実施する事業所や工場、学校などが対象に考えられています。その制度ごとに基準や補助などに細かな規定がありますが共通していることはエコ意識・節電意識を高めていくことにあるのです。

電力全量買取制度について

電力全量買取制度は、自然エネルギー・未利用エネルギーの普及の強力なインセンティブになるのは、間違いないです。現在のところ、電力会社が買い取らなくてはいけない価格は比較的高額な価格が設定されているので、自然エネルギーや未利用エネルギーの普及の後押しとなっていると考えられます。ただし、ドイツなどの自然エネルギー等の比率の高い国に比べるとまだまだ採算のあう水準にあるとは言えません。そもそもは、原発に依存するエネルギー構成にするのか、一部の欧米諸国のように自然エネルギー比率を40%近くまで持っていくつもりなのかはっきりしない限り劇的に買取価格を高くすることはできないでしょう。脱原発として自然エネルギー重視とするならば、更なる買取価格の値上げをしてそれらのエネルギー普及へのインセンティブとしなて強力に推し進める必要があるでしょうし、原発回帰ならばその必要はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)